ピンタックとカジュアルアップ

「カジュアルアップ」って言葉を聞いたことがありますか?
なんとなく意味は想像できるけど、聞いたことない思う方がほとんどじゃないでしょうか。

カジュアルアップとは、「フォーマルなニュアンスを交えた高級感のあるディテールや着こなし」のことを指します。似たような言葉でドレスアップという言葉がありますが、ニュアンス的に少し違うものではないかと私は考えています。
ドレスアップは礼服的ですが、カジュアルアップは普段着を指しているような気がします。そして、私たちは普段着を魅力的に着飾れるようなリメイク、カジュアルアップを提案しています。

今回はそんなカジュアルアップのリメイクをご紹介。
カジュアルアイテムに、フォーマルなディテール「ピンタック」を加えます。

材料は※1クルタシャツと、※2バティック生地です。

左右で見ると分かりやすいですね。
柄×柄という組み合わせは派手に感じるかもしれませんが、トーンをまとめると馴染みが良いです。色彩のトーン、また柄のサイズ感なんかも気を使ってあげるとよりgoodです。

今回のリメイク工賃は、¥6.000- になります。
ご注文お待ちしております。

※1 クルタ【kurta】
インドの代表的な男性用のフォーマルな民族衣装のこと。クルタは、一般のシャツに見られるような衿はなく、細い幅の立ち衿がついている。首から胸のあたりまでボタンで開閉できるプルオーバーのシルエット。着丈が長く全体的にゆったりと快適に着れるのが特徴。

※2 バティック【batik】
バティックとは、インドネシア、マレーシアなどアジア地域のろうけつ染めの布のこと。日本では「ジャワ更紗」と呼ばれることもある。2009年にユネスコに世界無形文化遺産に認定され、点の芸術(バ=芸術 ティック=点)とも言われ、インドネシアでは民族衣装になっている。

関連記事

  1. レギュラーカラーから、スタンドカラーに。

  2. YAMANEジーンズウエスト出し

  3. UNIQLOチノパンのリメイク

  4. デニムシャツのリペア

  5. MAISON MARTAN MARJERA風リメイク

  6. 日本の青について

  7. FACTOTUMジーンズのテーパードリメイク

  8. Toys McCoy Costumeチノパンテーパードリメイク

PAGE TOP