KATOのデニム、修復補強リペア

2カ月も更新が途絶えていました。
なるべく更新したいのですが、なかなかHPのblogまで手が回らず。。。
宜しければ、Instagramをご覧ください。断片的ですが、割と頻繁に更新していますので!

さて今日はデニムの修復リペアと、補強リペアの依頼紹介です。

依頼品は、KATOのデニム。
デニムの青みと、縦落ちが綺麗ですね。(全体写真は、撮り忘れてしまいました…)
全体的に色落ちが加速し出すまだ青みが強い時期ですが、股部分がかなり薄くなってますね。依頼者様はスポーツをやっていた関係で足が太く、タイト目に履かれていたので擦れが激しいそうです。

今回のご依頼は、①他店様のリペア解体(写真ではすでに外しています)、②左臀部の穴2ヵ所修復リペア、③股全体の補強リペア。④大股ステッチ擦れ部分の破れ解体補強ステッチです。

では、完成写真です。

擦れて薄くなった生地部分に接着芯を貼り、ステッチで補強することで、破れを未然に防ぎます。
使用する糸は、シキボウのグレー系綿糸#60。縦落ちに馴染み、色と風合いも洗いを加えていくことでよりデニムの綿により馴染んでいきます。
糸が密集している箇所は修復ステッチ箇所。修復ステッチは、穴部分の周囲に合わせて糸を厳選し、色落ちの雰囲気に合わせてステッチ間隔や縫い方も変更しています。

大股ステッチ部分は、一度解体して、接着芯と補強ステッチで補強。また縫い直しています。
シキボウのネイビー系綿糸#60で補強ステッチを仕上げているので、際のアタリ感は減ってしまいましたが、ここから破れが広がる心配はありません。
タイトにジーンズを履かれえる方は、ここから破れが発生することが多いです。
穴が広がる前に解体修復すると、かなり長くベストな状態で履けますよ。

納品後、お客様から
「期待以上の仕上りで感謝しています!」っとのお言葉を頂きました。
ホッと一安心です。修復リペアのオーダーが入ったときは、かなり神経を使うので。

今回のご注文オーダー
・修復リペア2ヵ所 3500円
・股補強リペア 4000円
・股解体リペア 2000円(補強リペアとのセット料金)
・他店様リペアの解体 2500円(40mm×60mm)

オーダー合計金額 ¥12.000-

ダメージは、大きくなる前に早めの対処が必要です。
ご注文お待ちしております。

関連記事

  1. MAISON MARTAN MARJERA風リメイク

  2. 日本の青について

  3. TAKAHIRO MIYASHITA The Soloistジーンズ膝…

  4. FULL COUNT股擦れ解体リペア

  5. L evi’s 703 バックポケット当て布リペア

  6. DIESEL INDUSTRY JEANSテーパードリメイク

  7. NIKE AIR JORDAN 4 ✖️L evi’s …

  8. 思い出のジーンズをクラッチバッグに。

PAGE TOP