NUMBER (N)INE 全体生地補強リペア

永年履いていると、どうしても生地が薄くなります。
当店では履き心地、また見た目をそのままに補強することが可能です。

今回は難易度が高かったNUMBER (N)INEの補強のご紹介です。補強箇所は下記3つになります。
・前脚全体
・小股・大股
・臀部股下と腿

NUMBER (N)INE

「全体的に薄くなってきたので、生地を補強して欲しい」とのご依頼でした。
写真で見ると問題なさそうに見えますが、全体的にいつ破れてもおかしくないくらいには生地が薄くなっています。
状態を判断が難しい時は、生地を光に透かせてみましょう。
薄い箇所は光の透過率が大きく、すぐに判断できます。

今回の補強大変難しいです。
それは全体に散った多色のペイントです。

これが本当にやっかいで。
通常通り生地に合わせた糸選びで補強すればペイントの輪郭線がずれて、雰囲気は大きく変わってしまいます。
だからといって
ペイント箇所を補強しなければ、そこは強度不足なわけで…。


なので気合で全色再現しました。

今回使った糸は14色。
これまでで圧倒的に最多です。

生地はもちろん、ペイント箇所も全て色を合わせて補強しております。
私が予想してた作業時間の3倍はかかりました。

仕上がりは元の雰囲気を壊さず、仕上げられたと思います。
普段からmm単位の作業を意識していますが、ここまで1mmにこだわった連続作業は初めてです。
良い勉強をさせていただきました。

難しそうなご依頼も
できる限り全力で対応させていただきますので
お困りの際はお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. デニムの補強リペア (技術辺)

  2. 前ポケット口、バックポケット、股破れリペア

  3. ダメージ修正と形状記憶

  4. FULL COUNT股擦れ解体リペア

  5. KUROジーンズバックポケットリペア

  6. 股破れリペア

  7. 緯糸移植当て布リペア

  8. TAKAHIRO MIYASHITA The Soloistジーンズ膝…

PAGE TOP