FULL COUNT股擦れ解体リペア

今日は股擦れの直しの紹介です。

今回のジーンズは大阪のデニムブランド、FULL COUNTです。

ジンバブエコットンを使用した生地は、履き心地の良さに定評のあるブランドです。
またオール綿糸で縫われていることもあり、風合いもジーンズ好きにはたまらないかと思います。

そして、今回のリペア箇所は下記になります。
・股擦れ
・ポケットとヨークのステッチ補強

股擦れに関しては、着用者のジーンズのフィット感や、足癖などが原因でなることが多いです。
また、FULL COUNTは履き心地に定評がある少し柔らかい生地なので、ダメージも割と出やすい印象があります。
僕はFULL COUNTは大好きですね!

それと綿糸で縫われてることもあり、糸の経年劣化は避けようがなく問題として起きます。
チェーンステッチで縫われている部分は劣化が激しい傾向にあります。

今回は隠し補強ステッチで、見た目は変えずに長年着用できるように補強していきます。

では完成画像です。

股擦れ部分は、一度股を解体し、綺麗に補強してから縫製し直しています。

解体することで、生地の色合いと風合いをキレイ保ちながらリペアできますし、生地が硬くならず、段差も保ったままの状態に出来ます。
ご予算が許せば、解体リペアの方がオススメです。

ヨークとバックポケット、後ろ中心には、ブルーグレーの化繊糸を細かく入れています。

写真でアップしてよーく見ると、細かいステッチを確認できるかと思います。
ステッチを綿糸に少し絡ませながら縫うことで、綿糸の状態も保ちつつ、縫製の補強も加えています。

見た目には少しの違いしかないかもしれませんが、こうした下処理が長くジーンズを着用できる秘訣です。

気になった方は是非お試し下さい!

関連記事

  1. 標準リペア(キレイ目)

  2. NUDIE JEANSテーパードリメイク

  3. 股破れリペア

  4. ジーンズのリペア jeans repair

  5. ZARA damage jeans remake

  6. 大幅サイズダウン

  7. 裾移植

  8. KUROジーンズバックポケットリペア

PAGE TOP