L evi’s 703 バックポケット当て布リペア

今回は、デザイン性も高く、当店で1番安価なリペア方法「当て布リペア」のご紹介です。

当て布リペア、ざっくり言うと「ダメージで空いた穴を当て布でふさぐ」というだけになるのですが、強度は十分保てます。

(特定の行為や職業的に、日常的にダメージが蓄積する方には不向きです。ただ、経年変化を想定したジーンズ作りや、1本のジーンズに何回でもリペアして履きたいと思う方であれば、最終的にめちゃカッコいいジーンズに仕上がります)

ではダメージの状態を見ていきましょう。

財布を日常的にバックポケットに入れているということで、ガッツリ穴が空いてます。

今回4本のジーンズを修理依頼があり、そのうち3本は全く同じダメージでした。

習慣はすごいですね(笑)。

ダメージに使用する当て布は、来店時にお客様と相談して決めました。

遠方からの依頼の場合、お好みを聞いていくつか提案することもできますし、こちらにお任せでも大丈夫です!

では完成写真になります。

今回の当て布は、インディゴ染めの刺し子生地です。

カジュアル感はありますが、点々と入ったステッチが雰囲気があり、人気の生地です。

当て布リペアと一緒に、ポケット全体に補強ステッチを入れています。薄い縦線が入っているのが分かるでしょうか?

破れやすいと分かっている場合は、最初より頑丈にする必要があります。

使用する人に合わせてオーダーメイドですね。

こちらで工賃 ¥4.500-です。

しっかりと補強すれば、ポケットな破れる心配も少なくなります。

是非お試し下さい。

 

関連記事

  1. 股破れリペア

  2. FACTOTUMジーンズのテーパードリメイク

  3. 緯糸移植当て布リペア

  4. デニムシャツのリペア

  5. デニムの補強リペア (技術辺)

  6. デニムシャツのリペア

  7. 前ポケットスレキリペア(切替補修)

  8. 日本の青について

PAGE TOP