バックポケット修復リペア

今回はバックポケットの修復リペアのご紹介です。

当店の修復リペア内容は、下記になります。

「破れがあった箇所をジーンズの縦落ちに合わせて同化するように、ほぼ完璧に修復していきます。デニム生地に合わせて数十種の縫製糸の中から糸選びを行い、納得できなければ新しく糸を取り寄せて対応致します。」

実際どこまでキレイに仕上がるの?という疑問はあると思います。

修復リペアは複数の糸を使い、デニムの縦落ちに合わせて生地と同化するようにリペアしていきます。
従って、縦落ちがキレイに出ている物はかなり元の状態まで仕上がります。

では実際に見ていきましょう。

20mm×40mmのダメージ穴です。
(生地の雰囲気と、ダメージの大きさで修復リペアの仕上げ内容は変えています)

作業内容は、下記になります。
①バックポケットを外す
②ほつれている白い横糸をキレイにカット
(リペア部分の境界線をなくすためです)
③ダメージ部分に、近似していいる古着のデニムを移植
④ダメージの輪郭線に沿って、縁をステッチで消していきます
⑤全体を馴染ませながら、補強リペアで仕上げます
⑥バックポケットを縫製し直していきます

修復リペアは、標準リペアと違い作業工程が多いです。
加えて、生地と糸の選別に倍以上の時間をかけます。この選別が仕上がりのすべてだといっても過言ではないからです。

では完成写真です。

いかがでしょうか?
普通に着用していれば、他の方にリペアを気づかれることはまずないと思います。

修復リペアは、如何に生地に馴染むかが勝負なので、これより多少目立つこともありますし、更に完成度が高くなることもあります。ご心配な方は、是非現物を持ってご相談に来て下さい。

工賃は下記になります。

バックポケット修復リペア ¥4.000-

 

関連記事

  1. 緯糸移植当て布リペア

  2. 大幅サイズダウン

  3. 思い出のジーンズをクラッチバッグに。

  4. TAKAHIRO MIYASHITA The Soloistジーンズ膝…

  5. デニムの補強リペア (技術辺)

  6. デニムシャツのリペア

  7. ボタンフライ→ファスナー交換

  8. ジーンズのリペア jeans repair

PAGE TOP